任意後見契約のすすめ

相続対策とともに、任意後見契約を結ぶことが大切です。

2025年には、75歳以上が3500万人という超高齢化社会に突入します。

認知症の人もおよそ800万人という試算が出ています。今や、相続対策とともに認知症対策は重要です。

認知症対策の一環として、任意後見契約を結ぶことがお勧めです。任意後見とは、本人が認知症などで判断能力が低下する前に、判断能力が低下した時に備えて、本人が望んだ相手(家族や信頼できる専門家)と望んだ内容(不動産や預貯金・役所の手続き・介護関係の手続きなど)についてあらかじめ契約する制度です。

事前に公証役場で公正証書を作成する必要があります。

任意後見契約をしないまま、認知症などになった場合には、「法定後見」という制度があります。しかし、法定後見では、望んだ相手(家族や信頼できる専門家)に後見人をやってもらうことができない場合が多いです。本人と面識のない専門家(主に弁護士や司法書士)が裁判所により選任されることが多いです。また、任意後見の時と比べても制約が多いです。

認知症になってもできる限り望みを叶えたいと考えられているとしたら、任意後見契約を今すぐ結ぶことをお勧めします。

後見人というと、第三者である専門家がなるものだと思っている方も多いですが、家族がなることも可能です。自由な契約ですので。

身寄りのない方は、当事務所と結ぶことをお勧めしますが、同居している子どもと任意後見契約を結ぶ、近所に住んでいる姪っ子と結ぶ、などという使い方が可能です。

任意後見人についての実績が豊富なナカミチ行政書士事務所に早めにご相談ください。

ご家族の状況応じた提案をさせていただきます。

Access

電話やフォームなどからのお問い合わせを受け付けていますのでご連絡ください

概要

社名 ナカミチ行政書士事務所
所在地 東京都中野区中野4-1-1 中野サンプラザ9F
電話番号 03-5942-3098
営業時間 月~金9:00~18:00
定休日 土日祝

事前予約の相談は可能
日本行政書士連合会 登録番号09081456

アクセス

地域に密着して中野区を中心とした近隣地域で相続に関するご相談を承ってきた経験のある行政書士が、ご相談者様一人ひとりの問題に寄り添って最善の解決策をご提案いたします。ご相談の際には電話かフォームよりお問い合わせいただけます。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事